女性

遺産相続や債務整理には身内だけでなく弁護士も|依頼費用も確認

お金や親権の問題

女性

結婚をして夫婦関係になった際、男女ともども「子供」が欲しいと思えば、子作りに励みます。子供というのは、いわば2人の愛の結晶。2人の愛がなければ、子孫を残そうといった気にもなりませんし、それによって子供も生まれることはありません。子供が生まれれば、それまでの新婚生活は一転。子供を中心とし、子育ての生活へと切り替わることになります。初めは大変なことも多いですが、自分達の子供がすくすくと育っていく光景を見るのは、楽しさや感動など、様々な経験を大人達にさせてくれるのです。しかし夫婦が離婚した場合、もし2人の間に子供がいれば、子供は父親、母親、どちらか片一方についていかなければならなくなります。よく言われる、「親権」を持っている親の方にです。子供も成長して自立していれば、自分1人の力で生活出来る為、そこまで大きな問題には発展しないかも知れませんが、問題はまだ学生であり、生活していくには親の力が必要な場合。思春期時代に離婚しようものなら、やはり子供としてのダメージも大きいでしょう。離婚をきっかけに、それまで真っ当な道を歩んできた子供が急に道を外れてしまうといった事例も、無くはありません。まだ離婚問題の大きさがわからない幼少期だったとしても、「周りはお父さんとお母さんしかいないのに、何で私にはお母さんしかいないのか」なんて聞かれれば、どう答えればいいのか、考えるのも辛いですよね。人生まだまだこれからといった子供の事を考える為に、我が国日本ではある面に注目し、それを元に父親、母親のどちらが親権を持つかを決めることが出来ます。離婚、財産問題、親権などなど、簡単には決められないことだらけなのが、離婚問題の厄介なところです。弁護士に相談しない結果、離婚してから数年経った今でも、未だに2人の間にはトラブルが生じるなどよく聞くことなので、すぐに相談するといいでしょう。