女性

遺産相続や債務整理には身内だけでなく弁護士も|依頼費用も確認

離婚したときの手続き

紳士

私達何不自由なく生活する為には、「お金」が絶対に必要になります。お金が無ければ、ご飯も食べられません。お金が無ければ、好きなことも出来ません。そのお金を稼ぐ為にも、私達は汗水垂らして毎日仕事に勤めないといけません。そんな人間にとって大切な物だからこそ、お金は離婚問題でも一番トラブルに繋がりやすく、尚且つ一番解決しにくい問題だとも言われているのです。基本的に、どちらかに大きな原因がない場合は、離婚した際の財産の分配は「5:5」。男性だからと言って、女性だからと言ってどちらが多く貰えるという法律は存在しないのです。ですが、離婚の原因がどちらかにある場合は、財産の分配の割合は大きく変動することになってしまいます。財産分配でよくトラブルに発展しやすいのが、どちらかの「浮気」によって離婚した場合です。浮気した理由も特に理由がない場合、浮気した人間が100%悪い為、それに対する慰謝料も相手に支払わなければいけません。これも同じく、男性女性関係ありません。女性が浮気をして、それが原因で離婚したのであれば、男性に慰謝料を支払う義務が生じてしまうのです。とはいえ、請求できる慰謝料はあくまで私生活に支障がない程度です。もし、相手側から理不尽な要求をされた場合、もしくは、相手が最低限の要求にも受け入れない場合もあります。ここで登場するのが、弁護士の存在となります。公平な分配額を提示し、尚且つ離婚が成立してから金銭トラブルが発生しないように努めてくれるのです。財産分配は、個人で話し合っても解決する方が稀です。お互いが損をしない為にも、必ず弁護士の力を借りるようにしましょう。